法人設立趣意

社会福祉法人にこぷらす設立の趣意

 

今日、日本における子ども、子育てを取り巻く環境は大きく変化しています。

安心して遊べる場所、自然環境の減少、テレビゲームやネット環境の普及による遊びの変化、核家族の増加、共働き世帯の増加、子育てへの不安、児童虐待など様々な問題があります。
その中でも、わが国では少子化という問題を抱えているところ、共働き世帯が増えたこともあり、保育園へ入所できない待機児童は毎年増加しています。
その問題を解決するために平成18年11月11日、廿日市市にて認可外保育施設を開園しました。それと同時に、子育て・子どもに関わる様々な社会問題に気づき、そのような問題を継続的・多面的に解決するため、平成22年11月11日、NPO法人格を取得し活動してきました。
これまでに認可外保育施設、認可保育施設、企業主導型保育施設、学童保育等の施設の運営、森のようちえん、自然学校の運営、ワークライフバランス推進事業、保育コンサル事業、緊急登庁保育支援事業などを行ってきました。
とくに保育園の運営に関し、認可保育園1園、認可外保育園1園、企業主導型保育園2園の運営をしてきましたが、廿日市市での待機児童は減ることもなく、逆に増えているのが現状です。

待機児童が多いと、仕事をしたいけれど仕事に復帰することができない方々の社会復帰を遅らせ、ひいてはその方の家計を圧迫することになります。また、職場復帰が難しくなることで、労働人口の減少に繋がり、働き手が減り、社会経済にも打撃を与えてしまいます。
さらに、若い子育て世代の人口流出が発生する可能性があります。廿日市市の少子高齢化を加速させ、自治体の経営を困難にさせることに繋がります。
待機児童問題はすべての方に関わる社会問題だと言えます。

これまで培ってきた保育園運営等の子育て支援をより多くの子育て世代や子育てに悩んでいる方々、子どもたちに提供するためには、法人としてさらなる地域に根差した「公共性」をもち、事業の持続性をもった「安定性」を備えた法人格が必要です。
社会福祉法人を設立することで待機児童問題解消などの社会貢献ができればと考えております。
また、「地域と育む保育園」をコンセプトに、地域の方たちと一緒に保育園を育て、地域の方が集う開かれた保育園、そして、地域の方たちと一緒に子どもたちを育てていける、いつかその子どもたちが成長した時、またこの廿日市市に帰ってくる、
そんな保育園を作るという大きな期待を実現するために社会福祉法に基づく法人格を取得することとし、社会福祉法人にこぷらすを設立する運びといたしました。

理事長 吉本 卓生